1・月次決算主義の確立を徹底します。
月次決算とは月ごとに売上・仕入・経費等を集計し貸借対照表と損益計算書を作成することです。これにより、経営者は自らの会社の状況を把握し問題点をいちはやく見つけその処方箋をだします。また、融資を行う銀行側から見ても月次決算の有無が融資実行のポイントになることは当然です。銀行は月次決算もできていない会社に積極的な融資をしません。計画性がないと判断します。アイリス税理士法人では、この月次決算主義がすべての業務のスタート になっております。

2・銀行取引のアドバイスをします。
月次決算から資金繰り表の作成の仕方を含め、融資の受け方、付き合い方を指導します。助成金や公的融資制度等の利用も含め、資金繰りのトータルアドバイスを致します。

3・すばやい情報を提供します。
納税者に必要な情報を迅速かつタイムリーに提供します。

4・労務管理のアドバイスをします。
社会保険全般の加入手続き、必要な就業規則、退職金規定などの作成を指導します。

5・OA化指導を推進します。
パソコンを利用し貴社にフィットする経理システムの合理化をローコストでサポートします。