条件さえ満たせば支給され、融資などと違って返済の必要が無く、大変有難い制度です。
国が定めたものなので、もらわないと損です!

会社を創業した時( 中小企業基盤人材確保助成金)今行っている業種以外に、ビジネスの柱をもう一つ追加したい!
もしくは経営基盤を今以上に安定させたい!そのために新しい人材を雇用したい!そんな時に助成金が支給されます。

高年齢者を雇用した時(高年齢者共同就業機会創出助成金)

45歳以上の従業員が3人以上在籍して、今まで培ってきた職業経験を活かして株式会社や合同会社を設立した場合に支給されます。
また45歳以上65歳未満の従業員を雇用した場合にも社長に支給されます。

介護分野への進出(介護基盤人材確保助成金)

介護分野へ新規参入・異業種からの進出など、新たに事業の柱とする場合に支払われます。ただし介護福祉士、社会福祉士、訪問介護員1級の資格を有し、かつ保健医療サービス又は福祉サービスの提供に従事した経験が1年以上の者、又はサービス提供責任者として実務経験1年以上の者を新たに雇用する事。

職業経験を活かした人材を雇用(受給資格者創業支援助成金)

雇用保険の受給資格者自らが起業して、創業1年以内に雇用保険の適用事業の事業主になった場合、支払われます。



地域に貢献する事業(地域創業助成金)

個人・家庭向けサービス業、社会人向け教育サービス業、子育て・高齢者ケアサービス業等を行なうために設立された法人または開業した個人が、65歳未満の非自己都合離職者を最低1名、合計2名以上の労働者を雇用した場合、新規創業に係る経費及び労働者の雇入れについて支払われます。

詳細はお尋ね下さい。
結構な金額が支給される場合がありますので。