以前は、株式会社の役員の任期は、取締役は最長2年・監査役は最長3年でした。それぞれ年数がちがうので、変更登記の管理が大変で役員の変更登記をウッカリ忘れていて法務局からペナルティを課せられた、ということも結構ありました。
余りに10年が長すぎてかえって忘れる? かもしれませんね。でも施行前の2年に1回よりは楽になりますね。しかも、最長10年にしておけば役員変更登記を司法書士さんにお願いする機会も減りますので、経費の節減にも役立ちます。
また、役員ごとに任期を変えて登記することも可能です。たとえば代表取締役は主宰者なので最初から10年とし、試しに取締役にした友人Aはとりあえず2年、次回は5年…という風に変えていく、というのはいかがですか?