株式においては、出資額に応じて議決権(議決権制限株式は除きます)や利益の配分額が決まります。一方、合同は組合同様に自由に決定できるのです。従って出資額にかかわらず、議決権を各社員が均等に持つことができます。また、利益配分も自由なのですから、出資額は少額でも業績アップに貢献した社員には配分額を手厚く、ということだってできるのです。これは、頑張る人はますます頑張っちゃいますね。ただし、合同会社では全ての社員が有限責任しか負わず無限責任を負う人がいないため、合同会社の資産をある程度維持しないと、会社の債権者の保護ができないということになる可能性があります。そのため、利益がないと配当出来ないことになっています。

お問い合わせ


合同のデメリットを見る

株式のメリットを見る

株式のデメリットを見る