途中で事業内容の転換もOK。株式会社の様に定款変更の為に法務局に走る、ということも必要なし。

不景気などで業績が悪化した際、新たに事業を追加し方向転換が容易ということです。

とにかく継続・存続させる事が一番です。
売上・粗利が取れるなら変更する事は何も恥ずかしいことではありません。

また利益配分の割合を決めることも自由にできます。