社員は出資した額の限度でしか責任を負いません。責任とは、出資金を出さなければならない、という事なのです。なので、出資金を出した事により責任は履行済みとみなされるのです。

もっと簡単に言えば万が一、大きな債務(借入金や仕入代金など)を抱えてしまっても、出資者は出資額の範囲内で責任を負えばよいのです。また、事業が破綻していまい、債権者が取り立てにきた場合でも、個人のお金や財産を失うことはありません。

つまり出資者にかかる事業上のリスクが大幅に限定されるので、事業に取り組みやすくなるわけです。

有限責任は株式も同様です。
個人事業は無限責任となります。