日本経済新聞より

『パート・アルバイトの時給が上昇している。パートの賃金は6月まで9カ月連続で前年同月を上回った。震災後の消費の復調で小売企業などの新規出店が増え、求人数が伸びているためだ。人手が集まりにくいことから、外食チェーンやスーパーは待遇改善などの囲い込みに動く。長期化すれば販売価格を押し上げる可能性もある』

文責:永嶌和彦