日本経済新聞より

『太陽光発電は、天候の変化だけでなく機器の不具合によっても発電量が変動する。太陽光パネルのひび割れや局所的な発熱現象が発電量を低下させるが、これまではパネルなどの監視や保守への需要はほとんどなかった。しかし、固定価格買い取り制度の施行により、メガソーラーが各地で稼働を始め、事業者も増加。「売電損失」を防ぐための監視・保守ビジネスも広がりを見せ始めている』

文責:永嶌和彦