産経新聞より
************************
調査活動費として受領した仮払い金約24万円を不正に使ったとして、公安調査庁は26日、さいたま公安調査事務所(さいたま市浦和区)の元所長とその部下ら計5人を停職や減給などの懲戒処分にしたと発表した。停職処分を受けた元所長は26日付で依願退職。不正支出金は全額返済されたという。

 同庁総務部によると、元所長(59)は昨年5月、同事務所の出納責任者ら部下らに対し、所員の慰労や何かあった時のために使える金をつくるよう指示。翌6月から8月にかけ、実在の情報提供者らを相手先とする調査活動費用の持ち出しを部下らに計8回申請させ、仮払い金計約24万円を用意させた。

 しかし実際は、事務所職員らとの暑気払いや、職員の相談に乗った際のコーヒー代やタクシー代、外部との付き合い費用など、元所長は仮払金を調査活動以外の目的に使っていた。同庁総務部では、使途不明額は数万円あるものの、元所長の私的流用はないとしている。

 今年2月の同庁の監査業務で、これら不正支出の事実が判明した。
************************
金額をみるとたった24万円だけれでも不正支出は不正支出。
記事になる前に普通は世間の知らないところでひっそりと処理されるのだろうけど…たまたまなのか!?

文責:永池淳